「フミコフミオ」のような文才がほしい

文才とはうまれながらに持っているものなのか、自分の努力でなんとかなるものなのか、とにかく文才が欲しい。

はてなブログの「フミコフミオ」のブログを読んでみて、あの人の文章を読んで何か引き込まれるものを感じた。
僕も人のブログを読むことはあるが、ほとんどが相互シャエ仲間のブログを読むだけだ。
興味があるわけではない。
シェア+コメントを軽く残す為に、ブログの内容を一読して、ある一定の内容を理解してからシェアしている。


はじめて「フミコフミオ」のブログを読んだ記事はこれだ。
別にこの記事に賛同したいとかはないが、何故だろう文章に引き込まれるのだ。

テンポ良く読める文章と、知的な表現を混ぜながらも、低レベルな汚い表現、両方混ぜ合わせた文章。
読んでいて面白いような、引き込まれるような。
この記事以外にも、何個か目を通すまで「フミコフミオ」という人物の文章を気に入ってしまったらしい。

自分の欲しい知識を得る為ブログを読むことはあるが、特に必要ない知識を自分の時間を潰してまで読むなんて、

何故か悔しい気持ちになった。

悔しいのは「フミコフミオ」という人物の「文才」に対する嫉妬かもしれない。
そして文章の終わりに記載されている、この記事を書くのにかかった所要時間を見てされに悔しい気持ちになる。

スポンサーリンク
PR
PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR